logo

アップル、スリープ中に「Mac」を更新する新機能「Power Nap」を披露

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高橋朋子2012年06月12日 11時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最新版「Mac」では、アップデートやデータの更新などを、コンピュータがスリープ状態の間に行えるようになる。

 Appleは米国時間6月11日、サンフランシスコで開催中のWorldwide Developers Conference(WWDC)2012において、「Power Nap」機能を披露した。第2世代以降の「MacBook Air」および「Retina」ディスプレイ搭載の「MacBook Pro」に対応するPower Napは、スリープ中でもこれらのMacを最新の状態に保つ機能だ。


提供: James Martin/CNET

 同機能を使えば、Macがスリープ状態になっている時でも、データ取得、「iCloud」の同期、システムソフトウェアの更新、電子メールの受信、さらには「Time Machine」によるバックアップまで行える。

 Macを使用していない時はスリープモードにするが、その間にもさまざまなデータが届くことの多いヘビーユーザーにとって、Power Napは非常に便利な機能かもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]