logo

アップル、「iOS 6」の電子チケット管理機能「Passbook」をデモ

Elinor Mills (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高橋朋子2012年06月12日 10時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの「iOS 6」には、新機能「Passbook」が搭載されている。同社幹部らが米国時間6月11日にWorldwide Developers Conference(WWDC)2012で述べたところによると、Passbookは、あらゆる入場券、搭乗券、店舗カードの電子版を一元管理し、それらに素早くアクセスできる機能だという。

 Appleの「iPhone」ソフトウェア担当シニアバイスプレジデントScott Forstall氏は、米メジャーリーグ(MLB)のSan Francisco Giantsの観戦チケットを使ってPassbook機能のデモンストレーションを行った。同機能はStarbucksのカード、Apple Storeのカード、航空機の搭乗券などにも使える。Forstall氏によると、動的な機能のPassbookは航空機のフライト遅延やゲート変更も通知してくれるという。

 Passbookはロック画面に表示されるため、例えば端末が映画館に近づくとメッセージがポップアップ表示され、利用可能な入場券やポイントカードがあることを知らせてくれる。カードを削除したい場合は、仮想シュレッダーで「処分」できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集