logo

「Windows 7」、「XP」にOSシェアで接近--5月のNet Applications調査

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年06月05日 12時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows 7」が「Windows XP」に急接近している。

 XPは世界の支配的なOSとして長年君臨してきたが、Windowsの現行バージョンによって、その地位から転落する危機に瀕している。

 Net Applicationsは2012年5月におけるOSの状況を調査し、Windows XPの市場シェアが44.8%、Windows 7が40.5%であることを明らかにした。Windows 7が2009年に登場して以来、最も小さい差となった。また、4月にはXPが46%のシェア、Windows 7が38.8%のシェアであったのと比べても、大きな変化である。

 Windows XPは10年以上もの間、トップOSとしての強さを後継バージョンに対して保っていた。不評の「Windows Vista」は長年にわたってシェアを失い、現在では市場の7%強に過ぎない。しかし、Windows 7はじりじりと追い上げ、ゆっくりではあるが確実にトップに立とうとしている。

 2012年5月の統計を前年同月と比較してみた場合、当時、XPはOS市場の55%のシェアを持ち、Windows 7は27%に過ぎなかった。このペースが続くと、Windows 7は数カ月のうちにWindows XPを追い越すことが予測される。

2012年5月の統計 提供:Net Applications

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集