logo

レノボ、インテル製チップ搭載のスマートフォン「K800」を正式発表

Brooke Crothers (Special to CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦2012年05月31日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 予想されていた通り、LenovoとIntelは北京で現地時間5月30日、市販されるIntel製プロセッサを搭載したスマートフォンとしては第2号となる「Lenovo LePhone K800」を共同で発表した。

 K800は、1.6GHzの「Atom」プロセッサのほか、解像度720×1280の4.5インチIPS液晶ディスプレイとカメラ(前面130万画素/背面800万画素)を搭載している。また、対応するHDテレビに動画をストリーミングできるIntelのワイヤレスディスプレイ技術も組みこまれている。オペレーティングシステムは「Android 2.3.7」ベースのものを採用している。

 K800はChina Unicomのネットワークを利用し、HSPA+に対応する。

 Intel製プロセッサを搭載したスマートフォンとしては、インドのLava Internationalが既に4月に第1号として「XOLO X900」を発売しており、LenovoのK800はこれに続く機種となる。

 Intel製プロセッサ搭載のスマートフォンは、これから数週間ないし数カ月のうちに、Orange、Motorola Mobility、およびZTEから発売されるとみられている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]