logo

レノボ、インテル製チップ搭載端末「K800」を間もなく発表か

Brooke Crothers (Special to CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫2012年05月26日 12時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Lenovoの事業計画に詳しい情報筋によれば、同社はIntel製プロセッサを搭載した2番目のスマートフォンとなる「K800」を、5月最終週に中国で発表する予定だという。

 K800は、1.6GHzの「Atom」プロセッサと動作クロック400MHzのグラフィックスチップを搭載している。また、解像度720×1280の4.5インチディスプレイを搭載し、中国市場向けに「Android」をベースとした「Lenovo LeOS」のユーザーインターフェイスを採用している。

 そのほか、HDMI出力、近距離無線通信(NFC)をサポートし、対応するHDテレビに動画をストリーミングできるIntelのワイヤレスディスプレイ技術を採用している。

 K800はChina Unicomのネットワークを利用し、HSPA+に対応する。

 Intel製プロセッサを搭載した初めてのスマートフォンは、Lava Internationalが4月にインドで発売した「XOLO X900」で、K800はそれに続く機種となる。

 また、これから数週間ないし数カ月のうちに、Orange、Motorola Mobility、およびZTEからIntel製プロセッサ搭載のスマートフォンが発売される見込みだ。

 世界最大のプロセッサメーカーであるIntelは、プロセッサの設計と製造における重点を、スマートフォンやタブレットなどの小型デバイスに移そうとしている。このような小型デバイスの市場において、同社の存在感は無きに等しい。

 なお、K800の価格は明らかになっていない。

IntelのZ2460 Atomチップを搭載したLenovoのK800 IntelのZ2460 Atomチップを搭載したLenovoのK800
提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]