logo

個人向け文書スキャナ「ScanSnap」新モデル--アプリにAndroid版、Dropbox連携も

田中好伸 (編集部)2012年05月25日 16時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PFUは5月25日、個人向け文書スキャナ「ScanSnap」シリーズの新エントリモデル「S1300i」の販売を開始した。オープン価格だが、同社直販サイトの価格は2万7800円。

 S1300iでは、ScanSnapからiPadやiPhoneに直接PDFを保存できるアプリ「ScanSnap Connect Application」のAndroid版を使えるようになっている。ScanSnapのスキャンボタンを押すだけでPCを操作することなく、PDFファイルを直接保存できる端末が広がることになる。

 ScanSnapではこれまでクラウドサービス連携としてEvernoteやGoogleドキュメント、Salesforce、SharePoint Online、SugarSyncに対応している。これらに加えて今回のS1300iではDropboxとも連携できるようになった。選択肢を増やすことで、ユーザーが使っているクラウドサービスを選びやすくしたと説明している。

写真

 Windows対応限定だが、「ScanSnap Folder」と呼ばれる連携機能も搭載されている。ScanSnap自身をPC内のフォルダと位置付けて、クラウドサービスやアプリケーション上で文書を直接電子データを扱えるようにする機能になる。

 例えばWindows Liveのメールでファイルを添付する場合、「ファイルを添付」ボタンをクリックすると、ScanSnap Folderが表示される。テクリックすると、添付したい原稿をワンプッシュで読み取ることができ、保存されたファイルがメールに添付されるという使い方ができる。

 今回のこれらのソフトウェア機能は、現行のS1500/S1500M/S1300/S100にも対応。アップグレードプログラムがウェブサイトから無料でダウンロードできる。

 S1300iはスキャン速度も向上。従来製品の1.5倍となる1分あたり12枚(A4型カラー、150dpi)でスキャンできるようになっている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]