logo

Android用マーケットプレイス「Google Play」、アプリ内サブスクリプションに対応

Scott Webster (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年05月25日 10時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間5月24日、「Google Play」ストアを通して提供される「Android」アプリケーションで利用できる新機能を発表した。Android開発者に早速公開されたアプリ内サブスクリプションを利用すると、ユーザーはアプリ内から直接、月間または年間のサブスクリプション料金を支払うことができる。Googleが詳細に説明しているように、同機能ではすべてのサブスクリプションがGoogle Playストアが管理するトランザクションによって、デフォルトで自動更新される予定だ。

 この動きは、利便性を高めるだけでなく、Google Play経由での新たな収益源、さらには新種のコンテンツをもたらすだろう。将来に目を向けると、雑誌や新聞は、Google Play経由で直接消費者にサブスクリプションを提供したいと思うかもしれない。

 1年前にアプリ内課金を発表したGoogleは今、同機能が開発者に大きな利益をもたらすようになったと話している。Android Developersブログによると、Google Playで最も大きな利益を上げているアプリの上位24位のうち、23のアプリが同機能を利用しており、アプリ内購入から発生する総売上高は従来のストア内購入のそれを上回っているという。

 アプリ内サブスクリプション機能を最初に実装するアプリ群は、近日中に登場する予定だ。人気の高いAndroidゲームの開発元であるGlu Mobileも、人気タイトルにサブスクリプション機能を搭載させたアップデート版をリリースするとしている。

 アプリ内サブスクリプションの提供に関心がある開発者は、Androidダッシュボードにログインして、アプリ内課金に関する文書を閲覧するといいだろう。Googleは、Google Play 3.5以上を実行するデバイス向けのバックエンドサポートを既に有効にしており、ユーザーはサブスクリプションの申し込みを即座に開始することができる、と通知している。


提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]