logo

YouTubeへの動画アップロード、毎分72時間分に--サービス開始から7年を迎える

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年05月22日 11時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTubeは米国時間5月20日のブログ投稿で、サービス開始から7年を迎えたことを発表した。そして、その重要な節目を祝うため、ユーザーが同サービスに毎分72時間分の動画をアップロードするようになったことも明らかにした。参考までに、ほんの1年前、YouTubeユーザーは同サイトに毎分48時間分の動画をアップロードしていた。

 2012年1月、YouTubeは同サイト上で毎日40億本の動画が視聴されていると述べた。そのとき、同社は毎分60時間分の動画がアップロードされているとも明らかにしていた。

 YouTubeは5月20日のブログ投稿で、「世界中にいる多くの7歳の子供と同じように、われわれもすごい速さで成長している。言い換えると、ユーザーが毎分アップロードする動画が2日分ではなく丸3日分になった。それは、英国王室結婚式61回、『バッド・ロマンス』841回、『Nyan Cat』1194回の再生時間に相当する」と述べた。

 世界中でYouTubeのページにアクセスするユーザー数は8億人に達した。同社によると、それらのユーザーは全体で毎月30億時間を超える動画を視聴しているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]