logo

ライブラリースペース「co-ba library」がウェブ本棚サービス「ブクログ」と連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ツクルバが運営するライブラリースペース「co-ba library」は5月21日、paperboy&co.が運営する(6月よりブクログとして分社化)ウェブ本棚サービス「ブクログ」との連携を開始した。

 co-ba libraryは、個人が自分の所有する本を持ち寄ってシェアできる図書室。コワーキングスペース「co-ba」に付帯するライブラリとして5月7日にオープンした。co-baの会員またはco-ba library専用会員が利用できるほか、1日単位のビジタープランでも利用し、読書やワークスペースとして利用できる。

 収容書籍数は最大約4000冊で、現時点では約100人から寄贈された1000冊程度を収容しているという。本は作家やジャンルごとではなく、提供者別に並べられ、個人間で貸し借りもできる。

 ブクログは、登録アイテム数3500万超、ユーザー数約50万人のブックレビューコミュニティサイト。本棚を模したインターフェースに書籍やCD、DVDなどのアイテムを登録し、オンライン上で蔵書管理やレビュー投稿、感想の閲覧や共有ができる。

 今回の連携でco-baやco-ba libraryの会員同士がブクログ上で本棚を共有できるようになる。ブクログ内で本のレビューを伝え合うなど、本を通じたコミュニケーションがより活発になるとしている。また、ブクログ会員がco-ba libraryに置いてある本をブクログ上の本棚で閲覧できるようになるという。

 co-ba libraryは今後、ブクログと連携し、本をテーマにしたイベントを定期的に開催するとしている。

-PR-企画特集