logo

マイクロソフト、SNSの「So.cl」をひっそりとローンチ

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年05月21日 10時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookの新規株式公開(IPO)が注目を集める中、Microsoftが同社独自のソーシャルネットワーキングへの取り組みである「So.cl」を静かにローンチした。

 もっとも、So.clはFacebookと競合することを意図したサービスではない。2011年に詳細が流出した同プロジェクトは、学生同士がネットワークを形成して、情報を共有できるようにするために設計された。


提供:Screenshot by Steven Musil/CNET

 Microsoftは同アプリの説明の中で、「So.cl(『ソーシャル』と発音)は、学習を目的として検索とソーシャルネットワーキングを統合する、FUSE Labsの最新の実験だ」と述べた。ユーザーはFacebookまたは「Windows Live」アカウントを使って、同ネットワークにログインする。ログインが完了すると、興味を引くさまざまな話題についてのお勧めがユーザーに提示される。

 So.clは、Facebookの共有およびシェアボタンによく似たブックマークレット機能を備えている。ユーザーはブックマークツールバーの「Share on So.cl」ボタンを使って、興味深いウェブサイトをほかのSo.clユーザーと共有できる。ユーザーはほかのユーザーの投稿について、共有やコメントおよびタグの付与ができるほか、「Riff」という機能を実行することも可能である。これは、Microsoftが「コンテンツとのインタラクションおよびインプロビゼーション(即興)を可能にする新しい方法」と表現する機能だ。

 So.clの顕著な特徴に、ユーザーがほかのユーザーと共有可能な動画を検索してまとめることができる「ビデオパーティー」の作成機能がある。


So.clのビデオパーティー
提供:Screenshot by Steven Musil/CNET

 Microsoftによると、So.clは当初、「実験的な研究プロジェクト」として、ワシントン大学、シラキュース大学、ニューヨーク大学の情報およびデザインを専攻する学生を対象に提供されていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集