logo

進化する軍事用ロボット--写真でみるiRobotの技術 - 2/9

Martin LaMonica (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年05月26日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ロボットアームの課題の1つは、正確性に欠け、扱っている物体を破損してしまう可能性があるということだ。写真に写っているのは、iRobotの研究機関が開発した空気で膨張させるアームで、ドアノブなどの物体を扱うように設計されている。空気を注入するということは、アームを物体の形に適応させて、よりしっかりと握れることを意味する。
Scroll Right Scroll Left

 ロボットアームの課題の1つは、正確性に欠け、扱っている物体を破損してしまう可能性があるということだ。写真に写っているのは、iRobotの研究機関が開発した空気で膨張させるアームで、ドアノブなどの物体を扱うように設計されている。空気を注入するということは、アームを物体の形に適応させて、よりしっかりと握れることを意味する。

提供:Martin LaMonica/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]