logo

グーグル、次期版Android採用のフラッグシップ端末を複数メーカーから提供か

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年05月16日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが、ワイヤレスキャリアから一定の主導権を得るために「Android」の扱いを変えようとしている。

 The Wall Street Journalによると、GoogleはAndroidの新しいリリースを複数のモバイルデバイスメーカーが同時に早期使用することを認めるとともに、携帯電話を直接コンシューマーに販売することを計画しているという。

 Googleはこれまで、デバイスメーカー1社だけと協力してフラッグシップ端末を作成してきたとThe Wall Street Journalは述べている。同社は、フラッグシップ端末が製造された後でのみ、他のメーカーにもAndroidを提供してきた。また、すべての携帯電話はワイヤレスキャリアまたは小売店を通じて販売されてきた。

 Googleはこの戦略の変更により、デバイス販売からの収益を増やし、Androidフォンやタブレットと互換性があるアプリに対するコントロールを高められるであろう。これはワイヤレスキャリアの主導権をさらに低下させることにもなるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集