logo

一般ユーザーのTwitterアカウント情報流出は「現時点で確認されていない」

岩本有平 (編集部)2012年05月09日 20時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは、メールアドレス(ログインID)やパスワードなどのアカウント情報が流出した可能性があることについて、現在調査を進めている。これについて5月9日、Twitterの日本オフィスに現況を聞いた。

 Twitterでは今回の件について、「調査中のためすべて確認が取れているわけではない」としたうえで、流出した可能性のあるアカウント情報は、Twitter社内でスパムアカウント(すでに使われていない多くのアカウントなど)として識別、区分している情報ではないかと見て、すでに「こうしたスパムアカウントに対してパスワードのリセットをかけたようだ」とした。

 また、スパムアカウントではない通常の一般ユーザーのアカウント情報に関しては、「現時点でパスワードなどの流出は確認されていない」という。しかし、まだ何も判明していないため、「気になるユーザーは自分でパスワードを変更してほしい」と呼びかけている。

Twitterの一般アカウント情報流出なし--関係部署が検証

-PR-企画特集