logo

Facebook、各種ウイルス対策製品を無料ダウンロードできるページを開設

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦2012年04月26日 11時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookが、複数のセキュリティベンダーといささか興味深い契約を結んだ。

 ソーシャルネットワークのFacebookは米国時間4月25日、「The AV Marketplace」を開設したと発表した。これはFacebookのセキュリティページに設けられたユーザーがウイルス対策製品を無料でダウンロードできる場所で、McAfee、Symantec、Sophos、Trend Micro、Microsoftが対象ベンダーとなっている。ダウンロードした「Norton AntiVirus」やTrend Microのインターネットセキュリティ製品などのソフトウェアは6ヶ月使用できる。

 加えてFacebookはこの日、同じ5社からURLのブラックリストデータベースの提供を受けることで合意したことを明らかにした。Facebookは独自のブラックリストを作成しているが、他社からのリストの提供は、Facebook上でシェアされる可能性がある悪質なリンクをより多くブロックする上で大いに役立つとしている。

 FacebookのThe AV Marketplaceは「Mac」、および「Windows」搭載マシンユーザーの両方が利用できる。無料ソフトウェアをダウンロードするには、Facebookへのログインが必要だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集