logo

Google Driveの目的は「人々がクラウドで成功できるようにすること」--米Googleのジョンストン氏

藤井涼 (編集部)2012年04月25日 14時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間4月24日、5Gバイトまで無料で利用できるオンラインストレージサービス「Google Drive」を発表した。PCやスマートフォンなどのマルチデバイスから利用できるほか、クラウド上で簡単にファイルの作成や共同作業が行えるのが特長だ。数週間ですべてのユーザーが利用できるようになるという。

 サービス開始にともないグーグルは4月25日に説明会を開催。Google Drive プロダクトマネージャのスコット・ジョンストン氏が、ビデオ会議を通じて、Google Driveの主な機能や、競合サービスとの差別化要素などを説明した。

Google Driveは従来の取り組みの延長線上にある

 Google Driveは、MacやWindowsなどのPC、Androidスマートフォン、Androidタブレットで利用することができ、近日中にiPhoneやiPadにも対応する。PCにソフトをインストールするとGoogle Driveの専用フォルダが作成され、このフォルダにファイルをドラッグ&ドロップするだけで、クラウド上に同期される。ファイルは1度に10Gバイトまでアップロートできる。

 Goole ドキュメントやGmail、Google+などのGoogleサービスとも連携しており、Google Drive上でGoogle ドキュメントを共同編集したり、Google+に簡単にファイルをアップロートしたりできる。

  • Google Drive プロダクトマネージャのスコット・ジョンストン氏

  • PCに作成されたGoogle Driveのフォルダにファイルをドラッグ&ドロップ

  • ファイルがクラウド上に同期される

 ジョンストン氏は、Google Driveについて「グーグルがこれまで何年間にもわたって行ってきたことの延長線上にある。それは人々がクラウド上で成功できるようにすることだ」と語り、そのための最初の取り組みが、どこでもメールを閲覧できるようにしたGmailだったと振り返る。

 続いてリリースしたGoole ドキュメントによってリアルタイムでの共同作業を可能にした。しかし、多くのユーザーが当初搭載されていなかったファイルのアップロート機能を求めたことから同機能を新たに追加するにいたったという。これらの取り組みからも「グーグルの進化の過程の中で、Google Driveは非常に理にかなったものだった」(ジョンストン氏)と語る。

豊富な検索機能で差別化

 Googleサービスとの連携に加えて、グーグルが差別化要素として挙げているが、Google Driveの検索機能だ。30種類以上のファイルを検索できるほか、同社の画像認識技術「Google Goggles」によって、検索ワードに該当する画像を簡単に見つけ出すことができる。この技術によって、たとえば「エベレスト ネパール」と検索すると、ネパール側から撮影されたエベレストの写真のみを表示することもできる。日本語はまだ非対応だが、OCR(光学式文字認識)を使って、写真に映っている本の文字などを検索することもできるという。

 Google DriveのSDK(ソフトウェア開発キット)も提供しており、サービス開始時点で20社のサードパーティのアプリが「Chrome ウェブストア」でダウンロード可能な状態となっている。たとえば、ワイヤーフレーム作製ツール「Balsamiq」を使って、Google Drive上でワイヤーフレームを簡単に作ることができる。

  • 「エベレスト ネパール」で検索すると、ネパール側から撮影されたエベレストの写真が表示される

  • OCR(光学式文字認識)を使って、写真の中の文字を認識できる

  • Google Drive上でワイヤーフレームを作成

 法人向けに提供する「Google Apps」にも対応している。「本日からいくつかの管理ツールも(企業向けに)提供している。企業の管理者がこのストレージをバルクで購入し企業や組織のユーザーに割り当てることができる。24時間365日のサポートも提供している」(ジョンストン氏)。

 無料で5Gバイトまで利用でき、保存容量を増やす場合は追加で月額料金が発生する。料金は、25Gバイトが2.49ドル、100Gバイトが4.99ドル、200Gバイトが9.99ドル、400Gバイトが19.99ドル、1テラバイトが49.99ドル、2テラバイトが99.99ドル、4テラバイトが199.99ドル、8テラバイトが399.99ドル、16テラバイトが799.99ドルとなる。

 ジョンストン氏は、「私どもはこれまでインフラストラクチャーの構築の中で学んできたことすべてを有効活用することに取り組んでいる。またそれによって非常に競争力のある価格で提供することが可能になっている。何故かというとスケールメリットがあるからだ」とコメント。なお、現時点で無料で利用できる保存容量を増やす予定はないとした。

-PR-企画特集