logo

ヤフー、15期連続で増収増益--スマホとゲームが好調

藤井涼 (編集部)2012年04月24日 17時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは4月24日、2012年3月期(2011年4~2012年3月)の通期連結決算を発表した。売上高は前年比3.3%増の3020億8800万円、営業利益は同3.4%増の1650億400万円、経常利益は同4.4%増の1673億円、純利益は同9.1%増の1005億5900万円となった。

 期初には東日本大震災の影響を一部受けたものの、通期では広告売上が増加したほか、ゲーム関連サービスの売上の増加や、情報掲載サービスの伸びも寄与し、サービス開始以来15期連続での増収増益を達成した。

  • 2011年度業績総括

  • 通期売上高推移

  • 通期利益推移

 事業別に見ると、メディア事業ではリスティング広告(広告会社経由)の売上が増加。ディスプレイ広告は、期初に震災の影響による出稿減少があったが、化粧品・トイレタリーや不動産関連などの企業からの出稿の伸びが顕著となり増収となった。また、新たにスマートフォン向け「ブランドパネル」の販売を開始している。

 BS事業では、リスティング広告(オンライン経由)の売上が増加し、特にスマートフォン向けの検索連動型広告の売上が大きく伸びた。情報掲載サービスでは、求人、不動産の売上が大きく増加している。さらにクラウドコンピューティングサービスの売上が大きく拡大し、データセンター関連全体の売上も増加した。

 コンシューマ事業では、「Yahoo! Mobage」や「戦国IXA」を中心にゲーム関連サービスの売上が大きく増加。また「Yahoo!ショッピング」において、スマートフォン限定のキャンペーンなどを積極的に展開したことで、スマートフォン経由の取扱高が大きく伸び、Yahoo!ショッピング全体の取扱高も過去最高となった。

 なお、ヤフーでは同執行役員 コンシューマ事業統括本部長の宮坂学氏が6月に代表取締役社長 兼 CEOに就任する社長人事を発表しており、4月1日付けで新執行体制を発足させている。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集