logo

マイクロソフト、好調な第3四半期決算を発表--エンタープライズ製品が牽引

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2012年04月20日 07時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトウェア大手のMicrosoftは米国時間4月19日、好調な第3会計四半期決算(3月31日締め)を発表した。エンタープライズ向け製品ラインである「SQL Server」「System Center」「Lync」「Dynamics CRM」といった製品が同社の業績を牽引した。

 同社の第3四半期売上高は174億1000万ドル、利益は51億1000万ドル(1株あたり60セント)だった。

 ウォール街では、Microsoftの売上高を171億8000万ドル、利益を1株あたり57セントと予測していた。

 今後の見通しについては、Microsoftは同社の営業費用予測を引き下げると述べた。

 全般的には、同四半期はアナリストらの予測通り、Microsoftのビジネスツールに牽引された四半期となった。MicrosoftのServer & Tools事業の売上高は、前年同期から14%も増加して45億7000万ドルとなった。SQL Serverの売上高は2桁増、System Centerの売上高は20%増加した。Server & Tools事業の営業利益は17億4000万ドルだった。

 Microsoft Business Divisionの第3四半期売上高は、前年同期比9%増の58億1000万ドルだった。「Office」は引き続きアップグレードされており、Dynamicsの売上高は11%増加した。Microsoft Business Divisionの営業利益は37億7000万ドルだった。

 「Windows」の売上高も、前年同期比4%増の46億2000万ドルと他に引けをとらぬ結果となった。Microsoftは、企業によるアップグレードが続いていると述べた。実際、Gartnerは最近、PCの売り上げが当初の予測ほど悪くないと報告している。Windowsの営業利益は29億5000万ドルだった。

 予測通り、Microsoftのオンライン部門の損失は続いているが、同社は損失額を縮小した。例えば、Microsoftのオンライン部門の第3四半期の損失は、売上高7億700万ドルに対し4億7900万ドルだった。これでもかなりの損失額だが、前年同期の損失7億7600万ドルよりは改善されている。

 Microsoftの部門別損益計算書を以下に示す。

部門別損益

 主な数値は以下のとおり。

  • Microsoftの同四半期末の現金および現金同等物は63億8000万ドルであった。
  • Entertainment and Devices Divisionの第3四半期売上高は16億1000万ドル、営業損失は2億2900万ドルだった。「Xbox」は引き続き、最も売れているゲーム機となっている。
  • 同四半期の研究開発(R&D)費は25億1700万ドルで、前年同期の22億7000万ドルから増加した。2012年3月31日までの9カ月間で、MicrosoftはR&Dに72億ドルを費やした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集