logo

アップル「Genius Bar」、iOSデバイス交換時用に同期ハブを導入か

Joe Aimonetti (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年04月19日 12時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPad」、「iPhone」、「iPod touch」がコンピュータへの接続に依存する度合いは低下しているが、「iOS」デバイスを所有することに関する重要な側面として、バックアップのためにMacまたはPCがいまだに必要だという点が挙げられる。

 すべての連絡先、カレンダーイベント、テキスト、アプリ、写真をアクセス可能な形でバックアップするという考えはたいへん役に立つ。デバイスで不具合が生じて交換を余儀なくされたユーザーは、最新情報をバックアップしていないと、Appleがユニットを交換したときにこれまでの情報を失うことになる。

 9to5Macに情報筋が語ったところによると、この問題を解決するため、ワイヤレス同期ハブがApple StoreのGenius Barに追加される予定だという。このシステムが導入されると、ユーザーはiDeviceのデータをGenius Barでバックアップすることができ、デバイスが交換された場合でもGenius Barですべての情報を再び同期することが可能になる。

 9to5Macの情報筋によると、Genius Barの同期ハブは2013年半ばまでにテストベースで導入され、同年内には全面的に導入されるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]