logo

Gmailなどのメールをダウンロードして検索を便利に--iPhoneアプリ「Offlinemail」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Offlinemail」は、GmailやMSNなどのIMAPに対応したメールサービスのメールを、iPhone本体にダウンロードして検索できるようにするアプリだ。Gmailを検索できるアプリは他にもいくつか出ているが、いずれも検索に時間がかかりすぎたり、日本語を検索できなかったりと満足に使えるものがなかった。Offlinemailは、アプリとしての容量は大きくなるが、検索が高速である上に、日本語の検索も可能なため非常に利用価値のあるアプリといえる。

  • 起動画面。検索ワードを入力すると、先にメールアドレスの検索候補が表示されるが、検索キーをタップすれば、メール内のワード検索が実行される。

 「Offlinemail」では、メールをiPhone本体にダウンロードするため、空き容量に注意する必要がある。添付ファイルはダウンロードされず、あくまでも本文のみがダウンロードされる。筆者はGmailを同期しているが、アプリの使用状況を確認すると、1万2000件程度のメールで200Mバイトを超えていた。Gmail上でラベルを使った振り分けを行っている場合は、同期するラベル(フォルダ)を選択できるので、容量と重要性に応じて調整するといいだろう。

  • Gmailまたはその他のIMAP対応メールサービスから選択して、アカウントを設定する。複数のアカウントの設定も可能だ。

 トップ画面で、検索ワードを入力すると、該当する送信者名がインクリメンタルサーチで表示される。送信者名をタップすれば、そのメールアドレスから送信されたメールが一覧表示される。送信者名にかかわらず、キーワードで検索する場合は、そのまま「検索」をタップすればよい。

 検索したキーワードは、履歴としてトップ画面の下部に表示されるので、よく利用する検索ワードは履歴に残したままにしておけば、次回からはワンタップでメールを探せる。また、カレンダーからもメールを探せる。「Dates」をタップすると、カレンダーが表示されるので、目的の日付をタップすると、画面下部にその日に受信したメールが表示される。具体的にメールを受信した日が分かっている場合は、日付から探すのも早道だろう。アプリ内から、メールの返信や転送、印刷も可能だ。

 最新のメールを常に検索できるようにするには、こまめに同期を取る必要がある。そのため、毎日指定した時刻になると、同期を促すアラートを出すように設定しておくと安心だ。また、メールの量によっては、すべてのメールが保存されるまで、かなりの時間がかかるので、就寝中などのiPhoneを長時間操作することのない時間帯に同期を取っておくことをお勧めする。

 ビジネスでは、打合せ場所や日時の確認、領収書や請求書の送付確認、クライアントとのやりとりの確認など、メールを検索する機会は多い。必要なメールを、その都度印刷したり、分かりやすい場所に移動したりする手間暇を考えると、多少iPhoneの容量が圧迫されても、利便性を取るという選択もあるだろう。

  • アカウントの詳細設定画面。HTMLメールのダウンロードはデフォルトではオフになっている。

  • ダウンロードするフォルダを選択可能。iPhoneの空き容量に応じて変更することをお勧めする。

  • フォルダを指定して検索できる。Gmail上でのラベルの使い分けが重要だ。

  • カレンダーから日付を指定してメールを検索できる。画面下部のハイライト色は設定画面で変更可能だ。

  • 設定画面。検索履歴や添付ファイルの履歴などを削除できるほか、同期フォルダの変更などもここから行う。

  • リマインダーの設定。こまめな同期が必須なため、設定しておくと安心だ。

>>「Offlinemail」のダウンロードはこちらから

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]