logo

インテル、マイクロサーバ向けAtomチップ「Centerton」を発表

Brooke Crothers (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年04月12日 16時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは現地時間4月11日、北京で開催中の同社の主要イベントで、Intel初となるマイクロサーバ向け「Atom」チップを発表した。

 この新型Atom(開発コード名「Centerton」)はシステムオンチップ(SoC)で、比較的統合性の低い旧型のAtomチップよりも電力効率がはるかに優れている。

 Centertonのパワーエンベロープ(業界では熱設計電力またはTDPと呼ばれることもある)は6Wだ。Intelのスマートフォン向けAtomのパワーエンベロープほど低くはないが、それでも6Wというのは、同社の主流のチップ群を大きく上回る電力効率になる。主流のチップのパワーエンベロープは15Wを超えている。これまで、Atomはネットブックやタブレットなどの小型デバイスをターゲットにしてきた。

 Centertonは、北京で開催中のIntel Developer Forumにおいて、同社バイスプレジデントのDiane Bryant氏による基調講演で話題に上った。

 同チップは2つのプロセッサコアを搭載しており、2012年後半に登場する予定だ。

 Centertonがチップ分野の競合ARMへの直接的な返答ではないと発言することは、控えめに見ても誠実とは言えないだろう。Hewlett-Packard(HP)は2011年、新興企業のCalxedaが開発したARMチップをベースとするサーバを発表する予定だと述べ、サーバ業界に衝撃を与えた。また、SeaMicroの事例もある。SeaMicroは、Atomチップを使用するマイクロサーバの設計に取り組んでいたが、競合であるAdvanced Micro Devices(AMD)によって先頃買収された。

 Intelはマイクロサーバについて、「少数のより堅牢なサーバよりも低消費電力の高密度サーバを多数設置した方が効率的かもしれないユニークなデータセンターワークロード向けに設計された新興のサーバ」と説明している。

 そして今後、より多くのIntelマイクロサーバチップが登場する見通しだ。「Ivy Bridge」ベースのIntel Xeon「E3 LV」チップは、2012年第2四半期に発売される予定である。また、15Wの「Sandy Bridge」チップも2012年後半の発売が予定されている。

IntelサーバIntelサーバ
提供:Intel

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]