logo

写真やコメントなど、Facebookへの勝手な情報公開に9割が不快感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは4月11日、同社が実施した「SNSと携帯電話のプライバシーに関するウェブアンケート調査」の結果を発表した。

 ユーザーがFacebookを利用する目的は、閲覧を主とした「友人知人の近況を知る」が75.4%と最も多く、積極的にコメントや写真を投稿して「日々の出来事を友人・知人と共有する」の51.1%を上回った。

 「日々の出来事を友人・知人と共有する」と回答したユーザーがコメントや写真を投稿する際に心がけている点で最も高かったのは「自分のことや自分の写真だけを投稿している」の51.3%であった。

 次いで「友人・知人も写った写真を投稿する際は必ず本人に断っている」の24.1%、「友人・知人も写った写真は投稿しない」の22.8%となり、他人の情報を投稿する際に、必ずしも承諾を得ていない状況であったという。

 回答者全員に、友人・知人が勝手に自分の情報や写真をFacebookで公開していた場合にどのように感じるかを聞いたところ、「非常に不快」46.9%、「不快」23.5%、「やや不快」20%となっている。全体の9割が不快と感じており、「全く気にしない」は9.4%にとどまった。

 「携帯電話の写真をSNSやブログで公開した経験がある」と回答した30.5%の携帯ユーザーのうち、35.2%のユーザーは、GPS機能を持った携帯電話で写真を撮ると、写真に位置情報が付加される機能について知らなかったという。

 調査は3月28~29日に、18歳以上の男女で国内ネットユーザーを対象に実施、有効回答数は618人。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集