logo

「Pinterest」、米国で人気SNSの第3位に--Experian Marketing Services調査

Chenda Ngak (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年04月07日 09時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 画像用ピンボードが特徴の人気ソーシャルネットワーク「Pinterest」が話題になっているようだ。それには、もっともな理由がある。

 Experian Marketing Servicesが最近発表した報告書によると、Pinterestは、米国で最も人気のあるソーシャルネットワークとして、「LinkedIn」や「Tumblr」といったサイトを抑えて第3位になったという。

 Pinterestは、画像用ピンボードを作成し、写真をまとめて共有できるようにしたソーシャルネットワークだ。画像を「ピン付け」すると、その画像はメインフィードに表示され、他のユーザーが「再度ピン付け」したり、その画像を貼り付けたユーザーやボードをフォローしたりすることができる。

 Venture Beatによると、Experianが公開した報告書「2012 Digital Marketer: Benchmark and Trend Report」は、Pinterestのトラフィックが2012年1月から2月にかけて50%近く増加したことを明らかにしているという。招待制の同ピンボードサイトは、2012年1月28日で終わる週において2150万ビジターを獲得している。

 他に興味深い話題もいくつかある。同報告書によると、インターネットを利用する成人の91%が定期的にソーシャルメディアを利用しており、「Google+」は2011年8月に比べて12月に訪問者が800%増加したという。TwitterとLinkedInは、2010年12月に比べて2011年12月にそれぞれ45%、98%増加した。

 Pinterestの利用者は圧倒的に女性が占めており、ユーザーベースの60パーセントが女性であると、同報告書は述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]