logo

グルーポン、SECから調査を受ける可能性--決算の下方修正で

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年04月03日 12時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Grouponは株式公開企業として初めて発表した四半期決算を修正したことで、米連邦政府の監督機関から目を付けられているようだ。

 事情に詳しい匿名の人物がThe Wall Street Journal(記事の閲覧には購読が必要)に語ったところによると、米証券取引委員会(SEC)は、Grouponが米国時間3月30日に発表した決算の修正について予備調査を実施しているところであるが、正式な調査を開始するかどうかはまだ決定していないという。

 この件についてGroupon関係者にコメントを求めたが、回答を得ることはできなかった。

 Grouponが30日にSECに提出した文書によると、財務報告書に関する内部統制に「重大な弱点」があると判明し、加盟店への返金額が増加したために第4四半期決算が予想よりも悪化したという。今回の修正により、同社の第4四半期における純損失は2260万ドル増加し、売上高は1430万ドル減の4億9220万ドルとなった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]