logo

グーグル、eディスカバリツール「Google Apps Vault」を公開

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2012年03月29日 11時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、「Google Apps」の企業ユーザー向けに「Vault」という名称のeディスカバリ(電子証拠開示)ツールを公開した。

Google Apps Vault

 同ツールの公開により、Googleはeディスカバリ市場に参入したことになる。eディスカバリはElectronic Discoveryの略称で、訴訟を起こされた際にデータを検索および発見するために必要な作業を指す。

 Google Apps Vaultは、訴訟、規制、コンプライアンス活動のために保存が必要とされる電子メールやチャットなどの通信データを保管するためのアドオンである。

 Googleによると、Vaultはインスタントオンになっており、「Gmail」の情報を数回のクリックで取得できるという。また、Google Appsユーザーは、電子メールやチャットをアーカイブ、保持、保存することが可能である。

 Vaultは、Google Appsユーザーに対して1人あたり月額5ドルで利用可能となる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集