logo

「Phone? Tablet?」--新ジャンルの開拓となるか「GALAXY Note」

坂本純子 (編集部)2012年03月28日 19時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスン電子ジャパンは3月28日、国内でもスマートフォン「GALAXY Note(SC-05D)」を発売すると発表した。NTTドコモより4月6日に発売予定だ。

  • 5.3インチの大画面を搭載したGALAXY Note

 今回の発表会は「GALAXY WORLD TOUR JAPAN」と題されている。このツアーは、ロンドンを皮切りに、ジャカルタ、上海、ソウル、ドバイと行われてきた。ファイナルツアーとなる日本は、これまで以上に力を入れたものになっている。

 GALAXY Noteは、5.3インチの高精細な「HD SUPER AMOLED(1280×800)」と128段階の筆圧を感知するタッチペン「S Pen」を搭載している点が最大の特長となる。GALAXY Noteのコミュニケーションメッセージは「Phone? Tablet? Feel Free It's Galaxy Note!」。タブレットより小さく、これまでのスマートフォンよりも大きく、なおかつ専用のスタイラスが付属する。サムスンはGALAXY Noteでこれまでにない新しいジャンルを開拓したと意気込む。

  • サムスン電子ジャパン 専務の石井圭介氏は、スーツのポケットにも入るとアピール

 発表会場では、サムスン電子ジャパン 専務の石井圭介氏が報道陣に対し「ペンを持たずにいらっしゃっている方はいますか?」と問いかけた。数百人規模の会場の中で、手を挙げたのは2名。それに対し、「驚くことに、ほとんどがペンを持っている。アナログデバイスが貴重な役目を果たしているということ。GALAXY Noteはアナログな体験と感性を組み込んだもの。S Penはアナログとデジタルを融合し、これまでのスタイラスを覆す機能を持っている」と語った。

 漫画家の麻生我等氏が登壇し、GALAXY Noteでサイボーグ009のキャラクターを描くデモを披露。また、実用的な使い方として、資料に手書きで指示をしたり地図に道順を書いてメールで送ったり、自由に写真を切り抜いて貼り付けるデモなどを見せ、仕事にもプライベートにも活用できることをアピールした。

  • 画面キャプチャーをとり、簡単に手書き入力ができる

  • 画像の切り貼りも簡単

  • 資料に手書きで指示を入れることも可能だ

  • 手書きメモアプリ「7notes with mazec」も標準搭載

  • 麻生我等氏が会場内にて15分程度の時間で描いた作品

  • この日のために事前に仕上げてきた作品

 タレント、モデルとして活躍するユージさんと神戸蘭子さんがゲストとして登場した。「画面が大きくて見やすい」(神戸さん)、「手が大きいので、タッチペンがあると最強」(ユージさん)とそれぞれアピール。絵を描くことが得意というユージさんは、その場で神戸蘭子さんを描くというパフォーマンスも見せた。

  • 神戸蘭子さんとユージさん

  • 「スタイラスがあるから手がちょっと油っぽくても、大きくても大丈夫」とユージさん

  • 体験イベント「GALAXY Note Studio」には、このような似顔絵を書いてくれるコーナーも

  • 渋谷109のイベントスペースで体験イベントを開催。若い女性たちが似顔絵に興味を示し、集まっていた

 なお、海外と同様に国内でも150カ所以上で体験イベント「GALAXY Note Studio」を展開。タッチ&トライや似顔絵師による似顔絵制作や出力サービスなどを行う予定だ。同日、東京では渋谷109のイベント広場でイベントが行われた。スケジュールは、ウェブサイトから閲覧できる。このほかにも、2人のライダーが日本各地の世界遺産を自転車で巡り、観光名所を描いたりFacebookでコミュニケーションしたりしていく「Tour de GALAXY」も展開する。

-PR-企画特集