logo

アドビ、「Photoshop CS6」パブリックベータ版をリリース--動画編集機能を強化

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年03月22日 16時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Photoshop CS5」のプレミアム版に詰め込まれている、いくつかの地味な動画編集機能を知らないからといって、自分を責める必要はない。

 しかし、Adobe Systemsが米国時間3月21日、「Superstition」という開発コード名の「Photoshop CS6」のパブリックベータ版をリリースしたことで、より多くの人が自分を責め始めるかもしれない。

 この新版では、より高価なPhotoshopの「Extended」版の動画機能を標準版にも採用し、Photoshopのトーンおよびカラー調整の適用といった編集機能を追加している。そして、この新ツールはAppleの「QuickTime」に依存する代わりに、本格的な動画ツールである「Premiere Pro」向けに多様な動画フォーマットを処理する「Adobe Media Encoder」など、「Creative Suite」に含まれるAdobeのテクノロジを利用する。

 今回のPhotoshopの動きは、これまで動画を撮影した経験がないかもしれない消費者への動画テクノロジの広がりを示すものだ。

 新しいPhotoshopには、ほかにも次のようなさまざまな新機能が含まれている。

Photoshop CS6で提供される動画編集機能。トーンおよびカラー調整の適用といったPhotoshopの編集機能を含んでいる。 Photoshop CS6で提供される動画編集機能。トーンおよびカラー調整の適用といったPhotoshopの編集機能を含んでいる。
提供:screenshot by Stephen Shankland/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集