logo

Zynga、OMGPOPを買収--人気ゲーム「Draw Something」開発元

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年03月22日 08時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Zyngaは米国時間3月21日、ニューヨークを拠点とするソーシャルゲーム開発会社OMGPOPの買収を発表した。OMGPOPは、人気の高いモバイルゲーム「Draw Something」の開発元で、それ以外に35以上ものソーシャルゲームを開発している。

ゲーム「Draw Something」 ゲーム「Draw Something」
提供:Screenshot by Rafe Needleman/CNET

 Zyngaは買収条件を明らかにしなかった。AllThingsDのPeter Kafka氏は、Zyngaが1億8000万ドルに加えて、従業員流出防止のために3000万ドルを支払ったと報じている

 OMGPOPはかなり以前から存在する企業だが、Zyngaが同社に関心を抱いたのは、同社のゲームDraw SomethingがApp Storeにおいて大ヒットとなった後のことのようである。Draw SomethingはApp Storeにおいてわずか99セントで提供されており、提供開始後の5週間でダウンロード件数が2000万回を超えている。

 Zynga傘下となるOMGPOPは、新たなモバイルIPの構築と、同社が既に持つ楽しくクリエイティブなソーシャルゲームポートフォリオの強化に専念する予定である。

 OMGPOPは本社をニューヨークに残したまま、Zyngaの最高モバイル責任者を務めるDavid Ko氏の直属となる予定である。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集