logo

地域情報サービス「Yahoo!ロコ」のAndroid向けアプリ公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは3月1日、地域情報サービス「Yahoo!ロコ」のスマートフォン向けアプリ「ロコサーチ Yahoo!ロコ」のAndroid版を公開した。

 ロコサーチ Yahoo!ロコは、Yahoo!ロコの機能をスマートフォン向けに使いやすいように編集し、キーワードから周辺の店舗や施設をすばやく簡単に探せるようにした。

画面 ロコサーチ Yahoo!ロコ

 トップ画面には「レストラン」「カフェ」「病院」「駐車場」などキーワードごとにアイコンが並んでおり、現在地や特定の地名を指定してアイコンをタップするだけで、簡単に自分が探したいジャンルの店舗や施設を検索できる。「本屋」「ホテル」など、よく探すジャンルのキーワードをアイコンで追加登録することもできる。Yahoo!ロコのキープ機能で検索した店舗情報などを登録できるほか、自分のキープリストだけを表示させることもできる。

 探したいジャンルの店舗や施設などは、地図上でのピン表示、もしくは店舗一覧のリストで簡単に切り替えて表示できる。検索結果からは場所や行き方を確認できるほか、各店舗の写真や口コミなど、お店選びに役立つ情報をアプリ上でシームレスに得ることができる。「乗換案内 Yahoo!ロコ」アプリと連携することで、電車やバスの乗り換え含めたトータルのルート検索も可能となっている。

 検索ボタンを地図画面の右上に配置したことで、地図を見ながら情報を調べることができるようになっているほか、音声検索にも対応する。

 ヤフーは同日、地図サービス「Yahoo!ロコ 地図」のAndroid向けアプリ「地図 Yahoo!ロコ」もバージョンアップしている。ロコサーチ Yahoo!ロコの機能を追加した。

 地図 Yahoo!ロコは、地図、場所探し、ナビなど外出をサポートする機能を地図上にすべて盛り込んだ。従来機能の拡張に加え、キーワードからのサーチ機能を追加し、新しく公開した。

 ロコサーチ Yahoo!ロコと地図 Yahoo!ロコは、トップ画面は異なるが、搭載している機能はすべて同じとなっている。ヤフーでは、キーワードから場所を検索する場合はロコサーチ Yahoo!ロコを、地図上からいろいろな情報を得たいときは地図 Yahoo!ロコを、というように利用用途やシーンにあわせて活用してもらいたいとしている。両アプリとも、近日中にiPhone版を公開する予定としている。

-PR-企画特集