logo

HTC、最新スマートフォン「HTC One S」を発表

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年02月27日 12時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HTCは、スマートフォンの新製品「HTC One S」を発表した。クアッドコアプロセッサは採用していないが、Googleの最新モバイルOS「Android 4.0」(開発コード名「Ice Cream Sandwich」)を搭載している。

 HTCは、Mobile World Congress 2012でクアッドコア搭載スマートフォン「HTC One X」を発表し、大きな注目を集めた。それはそれで嬉しいニュースだったが、残念ながら、同社の新ラインアップに加わる次の携帯端末HTC One Sは、クアッドコアより性能が劣るデュアルコアCPUを搭載している。


提供:Jessica Dolcourt/CNET

 もちろん、HTC One Sもそれなりに素晴らしい機能を備えており、Android 4.0を搭載するほか、音声技術「Beats Audio」が組み込まれると見られている。また、4.3インチの大型「Super AMOLED」ディスプレイ、ユーザーインターフェース「HTC Sense」の最新版、QualcommのデュアルコアCPU「Qualcomm Snapdragon S4」を搭載する。背面にはLEDフラッシュ機能を備えた8メガピクセルのカメラ、前面には鮮明な画像を撮影できる1.3メガピクセルのカメラを備える。

 HTCはOne Sの高機能カメラに目を向けさせようと苦心している。同社によるとこのカメラは、1コマあたりの撮影時間が0.7秒でオートフォーカスの合焦時間が0.2秒だという。また、F値は2.0で、このため暗い場所でも比較的高画質な撮影ができる。

 HTCはOne Sの差別化に懸命だ。この端末は厚さ0.3インチ(約7.8mm)で、「マイクロアーク酸化」処理によって表面の手触りを柔らかくしたアルミニウムを採用している。HTCによると、この処理は衛星の設計でも採用されているという。

 さらに魅力的なことに、HTC One SはT-Mobile USAから提供される予定で、同キャリアが展開するHSPA+ 42データネットワークに接続できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集