logo

電話帳で友人と情報を共有--Android向けブラウザ「jigbrowser+」

岩本有平 (編集部)2012年02月22日 14時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 jig.jpは2月22日、Android端末向けブラウザアプリ「jigbrowser+」(ベータ版)の提供を開始した。Androidマーケットから無料でダウンロードできる。OSはAndroid 2.2以上に対応する。

 jigbrowser+は、これまでフィーチャーフォンを中心にブラウザを提供してきたjig.jpが新たに開発したAndroid向けのブラウザアプリ。

 片手で快適なブラウジングを実現するため、ナビゲーションバーをフッターに配置。さらに、お気に入り(ブックマーク)やWebクリップ(ウェブページのデータ)、画像ファイル、ノート(テキスト形式のメモ)の保存も可能だ。画面右側に表示できるメニューを使って、各種のコンテンツを一元管理できる。

 保存したコンテンツは友人と共有することが可能だ。ブラウザの画面左側に表示できる「アドレスパネル」には、Android端末の電話帳に登録されている友人の一覧が表示される。そこから友人を選択し、あらかじめ保存していたコンテンツや、現在閲覧中のウェブページを共有できる。jigbrowser+ユーザーの場合は、画面上部のステータスバーを通じて、ユーザーでなければ、電話帳に登録されたアドレスに対してメールを送付して情報を共有するという。

  • 画面下部に機能を集めた「jigbrowser+」

  • 画面右側では、保存したコンテンツの管理などができる

  • 電話帳からユーザーを指定し、画像などの共有も実現

 jig.jpといえば、フィーチャーフォン向けのフルブラウザ「jigブラウザ」を2004年から提供する、モバイル向けブラウザ開発の古参。これまで試験的にスマートフォン向けにブラウザ機能を提供していたが、今回サービス名も新たにし、スマートフォン展開を進める。


jig.jp代表取締役社長 CEOの福野泰介氏

 jig.jp代表取締役社長 CEOの福野泰介氏は、「現在Androidで単体のサービスも提供しているが、それを集約しやすいのはやはり『ブラウザ』。今後自社の各種サービスと連携していく」と戦略を語る。

 友人との情報共有に電話帳を利用するというアイデアについては、「カカオトークやLINEといったサービスは意識したが、電話帳はそもそも一般のユーザーでも持っているソーシャルグラフ。フィーチャーフォンでも電話帳を使ったアプリを考えたが、セキュリティの関係上難しかった。そこに原点回帰した」(福野氏)

-PR-企画特集