logo

インテル、「Ivy Bridge」大量出荷を6月以降に延期か

Brooke Crothers (Special to CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 福岡洋一2012年02月17日 12時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今後のウルトラブックへの搭載が期待されるIntelの次世代チップ「Ivy Bridge」(開発コード名)に遅れが生じる、とアジアで報道されている。

 Ivy Bridgeプロセッサ出荷時期の遅れを報じているのは、端末メーカーの懸念を代弁することが多いDigiTimesだ。こうした懸念は事実に即している場合もあるが、単なる意見にすぎないこともそれと同じくらい多い。

 とはいえ重要なのは、Ivy Bridgeの大量出荷が「6月以降」という点だ。DigiTimesは情報筋の言葉を引用し、「世界経済の低迷により、大手ノートPCベンダーは『Sandy Bridge』搭載ノートPCの在庫減らしに苦労している」と報じた。

 「少量の」Ivy Bridgeプロセッサは予定通り4月に出荷される、とDigiTimesは付け加えている。

 DigiTimesはさらに、「Microsoftが『Windows 8』をリリースする」9月までPCの買い換えサイクルは本格化しないと述べている。

 DigiTimesは不吉にも、(Windows 8がリリースされるまで)2012年の最初の3四半期はノートPC業界にとって「暗黒時代」になる、としている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集