logo

サムスン、「Android 4.0」搭載の7インチ「Galaxy Tab 2」を発表

Don Reisinger (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高橋朋子2012年02月14日 11時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンが7インチ「Galaxy Tab」の後継機を発表した。

 「Galaxy Tab 2(7.0)」は、GoogleのモバイルOS「Android 4.0」(開発コード名「Ice Cream Sandwich」)と1GHzのデュアルコアプロセッサを搭載する7インチタブレットだ。3GとWi-Fiの両ネットワーク接続に対応する。

 ソフトウェア面では、1700万曲にアクセスできる「Music Hub」や電子書籍を入手できる「Readers Hub」など、サムスンの「Hub」サービスを搭載する。同サービスにはそのほか、1000作以上の映画をレンタルまたは購入できる「Video Hub」が新たに加わるという。


提供:サムスン

 Galaxy Tab 2はまた、サムスンのモバイル端末としては初めて同社のコンテンツ共有サービス「AllShare Play」を搭載する。PC、サムスンのスマートフォン、サードパーティーのクラウドなどに保存しているマルチメディアコンテンツを、Galaxy Tab 2上でストリーミングできるというものだ。同サービスはまた、デバイス間およびデバイスとクラウド間の転送にも対応している。

 Galaxy Tab 2の発売予定は2012年3月だ。世界的にはまず英国から販売開始となる。価格はまだ明らかになっていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集