logo

Pinterest、トラフィック誘導率でグーグルやTwitterに迫る勢い

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2012年02月03日 13時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンテンツ共有サービスを提供する企業Shareaholicが公開した最新の調査によると、Pinterestは今や参照トラフィックで最も急速に成長しているサイトだという。Google+、YouTube、LinkedInの参照トラフィックをすべて合わせても、Pinterestほど多くのユーザーを誘導することはできない。

 Pinterestの基本的な仕組みは、住宅用の装飾品、衣料品、食品など、ユーザーがウェブで見つけた情報を収集して整理し、共有することだ。これによってキュレーション型の掲示板ができあがり、友人はそこで新しい商品を発見したり着想を得たりできる。現時点でPinterestは招待制のみとなっている。

 Shareaholicは今回の調査で、20万以上のパブリッシャーから月間のユニークビジター数があわせて2億6000万人に達するデータを集めた。その結果、Pinterestの参照トラフィックは、2011年12月の2.5%から、2012年1月には3.6%に増加したことがわかった。

 わずか6カ月前には、Pinterestの参照トラフィックは0.17%にすぎなかった。それが今や、Google+、MySpace、reddit、YouTube、LinkedInを上回る水準にある。これは、今なお招待制に限られたサイトにしては大したものだ。実際、PinterestはGoogle(参照トラフィック3.62%)やTwitter(同3.61%)と事実上、肩を並べている。

 トラフィックを牽引しているサイトの首位は依然Facebookで26.4%となっており、大差をつけられてStumbleUponが5.07%で続いている。

 Experian Hitwiseは、Pinterestの2011年12月のビジター数が6カ月前から4000%増加したとして、同社を「第10位」のソーシャルネットワーキングサイトと位置付けている。しかし、要求の多いソーシャルネットワークの世界で、Pinterestが招待制のみという段階を脱した時にどうなるかは不透明だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集