logo

グーグル、仏での「Google Maps」訴訟で敗れる--無料提供は反競争的と判断

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年02月03日 11時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フランスの裁判所は今週、全国の企業に無料で提供されている「Google Maps」は競争を制限するものだとして、Google Franceとその親会社であるGoogleに対し、原告のBottin Cartographesに50万ユーロ(およそ66万ドル)を支払うよう命じた。また、Googleに対しては、この行為に対する罰金として1万5000ユーロを支払うよう求めた。

 法人向けに地図サービスを提供しているBottin Cartographesの弁護士であるJean-David Scemmama氏は今週、AFPとのインタビューで、「われわれは、競争相手を排除しようとする(Googleの)戦略の違法性を証明した」と述べている。

 Scemmama氏によれば、Bottin Cartographesは、Googleがオンライン地図業界を制するために無料サービスを使って反競争的な行為をしているとして、2年前からGoogleを訴えていたという。

 Googleは、AFPへの声明で、今回の裁判所の決定について上訴すると述べ、Google Mapsはこの市場で今もなお競争に直面していると付け加えた。

 米CNETはGoogleにコメントを求めたが、すぐには回答を得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集