logo

ドコモ、ディズニースマホで女性層獲得へ--人気映画も無料配信

藤井涼 (編集部)2012年02月01日 16時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモとウォルト・ディズニー・ジャパンは2月1日、新たなスマートフォンブランド「Disney Mobile on docomo」を立ち上げたと発表した。第1弾として、ドコモはスマートフォン「Disney Mobile on docomo F-08D」(F-08D)と「Disney Mobile on docomo P-05D」(P-05D)の2機種を2月下旬より順次発売する。また、ディズニーは同ブランド限定のサービスなどを展開していく。

  • 「Disney Mobile on docomo」ブランドのスマートフォン2機種

 F-08DとP-05Dには、ディズニー仕様のライブ壁紙や着うた、電話帳、デコメ絵文字など多数のオリジナルコンテンツをプリインストール。またディズニーのコンテンツマーケット「Disney market」で好みのアプリをダウンロードできる。

 さらに、「パイレーツ・オブ・カリビアン」や「ふしぎの国のアリス」などディズニーの映像作品を無料で視聴できる「Disney cinema」をドコモ限定で提供。毎月約20時間分をラインアップし、定期的に作品を入れ替える。「LOST」「デスパレードな妻たち」など、海外ドラマやバラエティを無料視聴できる「Dlife」も提供する予定だ。

 NTTドコモ執行役員マーケティング部部長の永田清人氏は「ディズニーとは、iモードのコンテンツプロバイダとして長い間パートナーシップで一緒にやってきている。これまでの関係をベースにして、ドコモとディズニーで新しい顧客に価値を提供したい」と意気込みを語る。

  • ウォルト・ディズニー・ジャパンのデービット・ミルスタイン氏(左)とNTTドコモの永田清人氏(右)

 また、ウォルト・ディズニー・ジャパン ディズニー・インタラクティブ・メディア・グループ ゼネラルマネージャ モバイルのデービット・ミルスタイン氏は、「ディズニーはこれまで、20~30代の女性向けにスマートフォンコンテンツを作ってきた」とコメント。

 Disney Mobile on docomoではこれまでと同様に女性をメインターゲットにしながらも、ディズニーとして初めて、小さな子どもを持つ母親向けのアプリなど、家族向けのコンテンツを充実させたと語る。

 また同社は、ソフトバンクモバイルのMVNOとして「ディズニー・モバイル」を展開している。今回ドコモとコラボレーションという方法を選んだことについてミルスタイン氏は、「それぞれのパートナーに合う形でビジネスに取り組んでいる。ディズニーでは、MVNOであろうが提携であろうが、顧客のサービスを最優先している」と説明した。

-PR-企画特集