logo

ソニー、Bluetooth対応やハンドル付きなどウォークマンドックスピーカを拡充

加納恵 (編集部)2012年01月24日 17時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月24日、「ウォークマンドックスピーカー」にBluetooth対応の「RDP-NWG400B」(NWG400B)と、ハンドル付きの「RDP-NWM7」(NWM7)の2機種を追加する。発売は2月11日。店頭想定価格はNWG400Bが1万3000円前後、NWM7が8000円前後になる。

  • 「RDP-NWG400B」

 NWG400Bは、Bluetooth対応によるワイヤレス再生ができるドックスピーカだ。Bluetooth機能搭載ウォークマンとペアリングしておけば、手元のウォークマンで曲名やジャケット写真などを確認しながら音楽を聴くことができる。スピーカ部の電源が入っていない時でもウォークマン側から接続操作で電源を入れればワイヤレス再生がスタートするとのことだ。

  • 「RDP-NWM7」

 2.1chのスピーカシステムを内蔵し、ドック部に直接接続して音楽再生することも可能。ウォークマンやBluetoothヘッドホンなどが充電できるUSB端子も備える。本体サイズは高さ112mm×幅360mm×奥行き104mmになる。

 NWM7は上部にハンドルをつけ、持ち運びできるドックスピーカだ。高さ165mm×幅226mm×奥行き151mmで、1.1kgと持ち運びやすい小型軽量デザインを採用した。

 AC電源のほか、単4形電池4本でも駆動でき、アルカリ乾電池を使用すれば約10時間の再生を実現する。両機種ともに、ボディカラーはブラックとホワイトの2色になる。

 
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集