logo

起動したら即入力モードに--Evernoteへ素早く入力できるiPhoneアプリ「FastEver」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 FastEverは、とにかく素早く入力してEvernoteに保存することに特化したアプリだ。Evernoteを情報収集の受け皿として使用している場合、特に重宝する。

  • 起動とほぼ同時に入力できる

 「あっ!」と思いついた瞬間に、Evernoteに書き留めようと思っても、公式アプリを使用した場合、入力できるまでに何度か操作が必要な上、同期が始まると入力がスムーズにいかない。そうこうしているうちに、書きたかったことを忘れてしまうこともある。そんな悩みを解決するのがこのアプリだ。

 FastEverの初回起動時には、Evernoteアカウントのユーザー名とパスワードを入力する必要があるが、いったんアカウントの登録が済めば、FastEverを起動すると、即座に入力画面が表示される。1行目がノートのタイトルになる。

 入力が終わったら、右上の[保存]をタップすると、ノートが保存される。ノートの送信はバックグラウンドで行われ、オフラインの場合には「送信待ち」に保存される。

  • ノートブックの選択画面

 保存先のノートブックとタグを指定することも可能だ。[メニュー]ボタンの右にあるノートブックアイコンをタップすると、ノートブックの選択画面が表示される。ノートブック名を入力して絞り込める。

 ノートブックアイコンの右にあるタグアイコンをタップすると、タグの選択画面が表示される。既存のタグを選択することも、新たに作成することもできる。

  • タグの選択画面。画面上部のボックスに新しいタグ名を入力できる

 ノートブックとタグは、入力の都度、選択するのもいいが、あらかじめ、Inbox(受信箱)になるノートブックを指定しておけば、その都度、保存先を考える必要がなくなるので便利だ。ただし、画面左上の[メニュー]→[設定]→[タグを保存ごとにリセット]をオンにしておくと、入力後に[保存]をタップするとタグの選択がリセットされる。

 入力画面の下部には、簡単にチェックリストが作成できる、チェックボックス2種のボタンおよび、タイムスタンプボタンが配置されている。タイムスタンプの形式は、[メニュー]→[設定]→[タイムスタンプ書式]で変更できる。

 [設定]画面では、タイムスタンプ書式のほか、文字の大きさやテーマ、字列や文章を登録して入力を省力化できる有料アプリ「TextExpander」との連携のオン/オフなども指定できる。

  • 設定画面でより入力しやすくカスタマイズしよう

  • 機能は絞られているが、素早く入力することのみを考えれば複雑な設定はいらないだろう

>>FastEverのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集