logo

「インドでも主役だ!」--中国トンデモケータイ図鑑 - (page 3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高音質なスピーカに度肝を抜かされる

  • 付属の小型スピーカもデザインがよい

 たいした機能のないW6070だが、まぁ日常的に使う製品としては十分合格だろう。それよりもパッケージに付属してくるスピーカ、これがどの程度使えるかが気になるところだ。このスピーカ、どうやら汎用品として生産されているものをW6070用にしたものらしい。というのも底面にはケーブルを収納するスリットがあるのだが、コネクタ部分が収まらない。うーんなんで?

 

 スピーカ側のモールドは3.5mmジャックのようなので、本来は汎用品として生産されているのだろう。ちゃんとケーブルが収まらないあたり、ようやくトンデモな雰囲気が出てきたようだ。そしてスピーカは側面をちょっとひねると上下に伸び、これでより大きい音を出せるようにしているようだ。On/OffというよりOpen/Closeなんだろうけど、まぁこのあたりもトンデモ的に考えればこの表記でいいんだろう。

  • 背面にはケーブルを途中まで収納できる

 さてW6070のヘッドセットコネクタ部分にこのスピーカを接続し、10キー部分のショートカットキーから音楽再生を選んで押してみよう。するとびっくりするほど大きい音がこのスピーカから流れてくる。適当に作ったスピーカじゃなく、本来ちゃんとしたスピーカとして設計されたものだから音質もちゃんと考えられているのだろう。音量を大きくしても音割れせず、本格的な音楽ケータイとしても使えちゃいそうだ。

 中身はトンデモケータイと変わらないのに仕上がりにここまで差が出るのは、やはりメーカーが品質管理をしっかり行い細かいところまで手を抜いていないからだろう。スピーカつきのトンデモケータイなんてひどいものは1回でケーブルが断線してしまったこともあるが、W6070の付属品なら1年くらい使っても大丈夫そうだ。ちなみにW6070の購入価格はわずか3500円程度。安上がりにテキトーな製品を作るのではなく、しっかりとしたものを大量生産すればこんな価格でこんな製品が作れちゃうのね。トンデモメーカーたちはぜひ見習ってほしい。

  • 側面をひねると1cmほどスピーカが上下に開く

  • 接続コネクタは独特の形状

  • 意外や意外、大きい音と高品質はとてもいいぞ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]