被災地の産業復興支援でECサイト「復興デパートメント」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは12月14日、東日本大震災で被災した地域の産業復興支援を目的とするECサイト「復興デパートメント」を開設した。農産物や海産物、伝統工芸品、スイーツなど東北の生産者や小売業者が扱う商品を紹介、販売する。

 ネットやECに不慣れな生産者でも参加できるよう、各地域に生産者たちを取りまとめるNPO法人を「復興デパートメント支部」として設置する。コンセプトに賛同する企業にも参加してもらい、EC運営代行、ウェブ制作代行などのサポートやインフラなどの提供を受ける。ヤフーは事務局として、生産者やNPO法人、協賛企業など、プロジェクトの構成メンバーを取りまとめるほか、各地域での支部やストアの開発、全体の運営に必要な資金やスポンサー集めなどを担当する。

 今後は、売れる商品作りを目指してパートナーが商品をプロデュースし、商品のブランド力を向上させて、価値の創生と産業化を推進するとともに、EC運営を事業化して新たな雇用機会を創出するという。教育機関などと連携し、復興デパートメント支部でインターン制度による人材育成にも取り組み、育成した人材が現地で就業できる仕組み作りを促進するとしている。

画面
  • このエントリーをはてなブックマークに追加