ジョブズ氏ら署名のアップル創業契約書が135万ドルで落札

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年12月14日 17時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple Inc.の1976年の創業を示す契約書草稿の原書が米国時間12月13日、オークションにて出品前の予想をはるかに上回る135万ドルで落札された。


後にApple ComputerとなったApple Inc.の1976年の創業を示す契約書草稿の原書。

 Appleの創業を示すこの3ページの文書は、Sotheby'sの「Fine Books and Manuscripts」オークションにおいて、10万~15万ドルで落札されることが予想されていた。入札は7万ドルから始まり、その数分後には電話による135万ドルの入札で終了した。

 Bloombergによると、落札者はCisnerosの最高経営責任者(CEO)であるEduardo Cisneros氏だという。

 1976年4月1日の日付が記されたこの文書は、Steve Wozniak氏、Steve Jobs氏、Ronald Wayne氏の署名入りだ。同文書によって、新会社Appleの所有権が3人に分割された。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加