logo

「Windows 8」パブリックベータ、2012年2月に登場か--The Next Web報道

Lance Whitney (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年12月05日 11時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows 8」のパブリックベータは2012年2月に登場すると、技術ニュースサイトのThe Next Webが報じている。

 同サイトは、「Microsoftに近い情報筋」からの話としてベータ版の公開時期を2月としたものの、2012年中と期待される正式版のリリース日については依然分からないと述べている。

 一方、ZDNet.comでブログを執筆するMary Jo Foley氏は、1月のConsumer Electronics Showの後にベータ版が登場すると聞いたと述べているものの、具体的な日付は知らないという。同イベントは1月10日から13日まで開催される予定。

 Windows 8はベータ版が2月に本当に出れば、6月には製造工程向けリリース(RTM)段階になると思われる。そうなると、出荷版は第3四半期にも登場し、年末商戦用のPCやモバイル端末に搭載される良いタイミングになるだろう。

 2011年6月、MicrosoftのStrategic and Emerging Business Development担当バイスプレジデントであるDan'l Lewin氏は同OSのリリースが2012年秋になると示唆した。だが、これは今頃にはすでにベータ版が登場している前提での話だった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集