Google+のビデオチャットサービスHangoutsから無料音声通話が可能に

Jay Greene (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年12月02日 11時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは電気通信業界にまた一歩食い込んだ。

 同社は米国時間12月1日、米国とカナダにおいて、「Google+」のHangoutsビデオチャットサービスから無料で音声通話を利用できる機能の提供を開始した。それにより、Google+ユーザーは米国とカナダに住む人に電話をかけて、彼らがオンラインにいないときでもHangoutに参加してもらえるようになった。

 GoogleのJarkko Oikarinen氏はこの新サービスをGoogle+で発表した。

 Oikarinen氏は自らの投稿を公開しているが、Googleはこの無料通話サービスを簡単には見つけられないようにしている。同サービスは、ユーザーがGoogle+ホームページの「Start a Hangout」タブをクリックしたときにローンチされるインターフェースに含まれておらず、それを試してみたいユーザーは「Google+ Hangouts with extras」(plus.google.com/hangouts/extras)にたどり着かなければならない。

 Googleは9月、ビデオ会議機能の試験場のようなものとしてHangouts with extrasを公開した。これは、ユーザーが同社のオンライン文書作成アプリケーション「Google Docs」を使って共同で作業したり、スケッチパッドを使ってメモやスケッチを共有できるサービスだ。ユーザーはHangouts with extrasで画面を共有することもできる。

 Googleは最終的にHangouts with extrasの一部の機能をより広範に使われているHangoutsサービスに統合するかもしれない。

 Googleの広報担当は、同サービスの公開範囲がすべてのGoogle+ユーザーに拡大されたと述べた。

米国とカナダにおいて、「Google+」のHangoutsビデオチャットサービスから無料で音声通話を利用できる機能が提供された。
米国とカナダにおいて、「Google+」のHangoutsビデオチャットサービスから無料で音声通話を利用できる機能が提供された。
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加