logo

FCC、AT&TのT-Mobile買収に懸念を示すレポートを公開

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年12月01日 12時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦通信委員会(FCC)は米国時間11月29日、AT&TによるT-Mobile USA買収の提案に対して、職が大幅に失われ競争が損なわれると結論付ける、109ページのレポートを公開した。

 AT&TとT-Mobileの反対にもかかわらず公開されたこのレポートは、買収による利益について、両通信業者が誤解を生む申し立てをしているとも非難している。

 AT&Tの主任法務顧問であるJim Cicconi氏は、声明で、「これは単なるスタッフドラフト」であり、「法律上の強制力や効力を持たない」と述べている。

 Cicconi氏はまた、FCCがこのレポートの公開前にAT&Tに評価する時間を与えなかったことについて不満を述べている。

 FCCは、透明性の確保のためにこのレポートを公開したとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集