モトローラ、最新タブレット「XOOM 2」を発表

Lance Whitney (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2011年11月04日 10時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Motorola Mobilityが「XOOM」タブレットを刷新して市場に投入する。

 新たな「Android」搭載タブレットは「XOOM 2」という名称で、11月中に英国とアイルランドの消費者向けに発売される予定だ。新型タブレットには2つのモデルがあり、企業ユーザー向けのオプションが組み込まれた従来と同じ10.1インチのXOOM 2と、8.2インチの「XOOM 2 Media Edition」が用意されている。


提供:Motorola Mobility

 どちらのタブレットも1.2GHzのデュアルコアプロセッサと「Android 3.2」(開発コード名「Honeycomb」)を搭載し、Wi-Fi接続に対応する。ディスプレイはCorning製の「Gorilla Glass」で強化されており、耐久性を高めて汚れがつきにくくする特殊なスプラッシュガードコーティングが施されている。

 これら2つの新型XOOM 2タブレットは、前面に1.3メガピクセルのカメラ、背面に5メガピクセルのカメラを装備し、どちらもデジタルズーム、オートフォーカス、LEDフラッシュ機能を備える。また、いずれも1GバイトのRAMと16Gバイトのストレージを搭載する。

 大きい方のXOOM 2のサイズと形状は初代XOOMと同様だが、Motorolaによるとディスプレイがさらに明るく、鮮やかになったという。縁の形状はフラットになり、これによってタブレットが持ちやすくなるはずだ。このモデルのバッテリは1回の充電で10時間以上使用できるという。

 企業ユーザー向けに、XOOM 2ではデータの暗号化やVPNのサポートのほか、電子メール、連絡先、カレンダーの予定を同期する「Active Sync」を組み込んでいる。さらに、USBとEthernetのポートも備えている。

 小さい方のXOOM 2 Media Editionは、どちらかというとエンターテインメント向けの作りだ。複数の人が同時に映画または動画を視聴できるよう、スクリーンの視野角は178度となっている。


提供:Motorola Mobility

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加