logo

「iPhone 4S」は買いか--購入を迷っている人のための詳細レビュー(後編) - (page 2)

Kent German (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2011年10月27日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Game Center: iOS 5でゲーマーのために追加された機能には、プロフィール写真の追加、成果ポイントの比較、友達の友達リストの表示、(現在のライブラリに基づく)おすすめの友達とゲームの表示、ターン型ゲームのサポートなどが含まれる。Game Centerの中からゲームを購入できる機能が追加されたことで、Game Centerはやや主役らしい形になってきたが、おそらくまだこのサービスは、これまで同様、陰に隠れたソーシャルコネクターとして扱われることになるだろう。

 iMessage: Appleは、このすべてのiOS 5デバイスで動作するインスタントメッセンジャーアプリで、BlackBerryを狙い撃ちにしている。BlackBerry Messenger(BBM)と同じように、iMessageを使えば、友人、家族、同僚たちと、上限なしのテキストメッセージ、写真、動画をやりとりすることができる。その上、メッセージの送受信には一切費用はかからず、携帯電話会社の毎月のメッセージ送受信料金も課金されない。

 iMessageには、グループ単位でのメッセージング、誰かがメッセージを入力中であることを示すインジケーター、配信されたかどうか、読まれたかどうかの確認、暗号化、会話の同期(複数のデバイスにプッシュされる)の機能もある。ただ、場所と連絡先を共有する機能がiMessageに直接組み込まれていないのが少し残念だ(これには、関連するアプリから手順を開始する必要がある)。例えば、連絡先情報を送るには、ホーム画面に移動し、連絡先リストを開き、人物を選び、「連絡先を送信」ボタンを選択して、「iMessage」を選択する必要がある。これはすこし煩雑だが、このデータを友人に送る機能ができたことは改良だと言っていいだろう。

 友達を探す: iPhone 4Sの公開時に発表された「友達を探す」アプリは、自分の友達や家族が今いる場所を地図上で見ることのできるiOS 5専用アプリだ。ただし、相手が場所を共有することに合意する必要がある。セキュリティのため、場所情報を共有する時間の長さを設定できるようになっており、自分の場所を公開し続けたくないという大きな懸念に対処している。

 この機能を使うには、iTunesアカウントのIDでサインインした後、友達のiTunesアカウントのIDを使用して招待を送る(相手もこちらを招待する必要がある)。一度設定してしまえば、その友達の場所をかなりの精度で地図上で見ることができる。このアプリは、友達に(地図を通じて)方向を教える機能や、正確な場所が得られない場合、FaceTimeで話す機能(iPhone 4以降)も持っている。

 わたしがサンフランシスコで行ったテストでは、結果にはばらつきがあった。ある通りにいるときには、わたしの場所はかなり正確だったが、別の場所では自分が立っている場所から1ブロックはずれていた。一般的にGPSの精度については同じ問題が生じているので、この結果は驚くものではない。この種の位置通知機能は特定の状況では便利だろうが、Androidに似たサービスがあり、評価には賛否両論がある。特に、セキュリティ上の懸念を心配する人からの評価が分かれる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]