logo

「私はあまりソーシャルな人間でない」:グーグル共同創設者S・ブリン氏、「Google+」を語る

Rafe Needleman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年10月20日 10時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの共同創設者であるSergey Brin氏は、Googleのソーシャルビジネス担当シニアバイスプレジデントであるVic Gundotra氏とともにWeb 2.0 Summitに登壇し、「Google+」の開発と展開について語った。

 Brin氏は、「わたし自身はあまりソーシャルな人間ではない」とし、同社で構築しているこの新しいソーシャルネットワークに搭載される多くの機能に関してもめることもあったと述べた。しかし、「わたしは間違っていた」とBrin氏は述べ、Google+に「すぐにひきつけられた」と語った。Google+の担当者であるGundotra氏は、Google+の設計はBrin氏のビジョンに負うところが大きいとし、特にビデオチャット機能「Hangouts」はBrin氏のアイデアだと述べた。

 インタビュアーのJohn Battelle氏は、Googleはソーシャルネットワークの巨人であるFacebookにどうやって対抗するかと尋ねた。Gundotra氏は「現職には大きなアドバンテージがある。しかし、われわれは異なるゲームをしようとしている。これには少し時間がかかるかもしれない」と述べた。

 GoogleがGoogle+のユーザーに実名でのログインを要求していることについて、論争が起こっている。Gundotra氏は(公式の場では初めて)「われわれは将来、仮名をサポートする計画がある」と述べた。

Web 2.0 SummitでのVic Gundotra氏(左)とSergey Brin氏(中央)
Web 2.0 SummitでのVic Gundotra氏(左)とSergey Brin氏(中央)
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集