logo

[ブックレビュー]デジタル時代のライフログ入門--「たった一度の人生を記録しなさい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイヤモンド社
詳細:単行本(ソフトカバー) / 224ページ / ダイヤモンド社 / 価格:1575円 / 著者:五藤隆介 / 外形寸法 (H×W×D):18.8cm × 13.0cm × 2.0cm / 重量:0.3 kg
内容:行った場所、食べた物、仕事の時間、撮った写真など、自分の行動を記録する「ライフログ」。著者は特別な日だけでなく、毎日を大切に生きるために記録するのだという。
Amazon.co.jpアソシエイト

 行った場所、食べた物、仕事の時間、撮った写真など、自分の行動を記録する「ライフログ」。事細かに記録することに何か意味があるのだろうか。意味があるとすればそれはなんなのか。

 著者は特別な日だけでなく、毎日を大切に生きるために記録するのだという。スマートフォンの普及により、記録が簡単にできるようになり、記録のためのアプリやサービスも充実してきた。これらを使わない手はない。

 とにかく、簡単に楽しく記録できなければ続かないという信念の元、本書では、特に「写真」を使った記録に重点が置かれている。写真ならば状況を撮影すれば終わる。面倒な入力の手間はいらない。確かにこれなら続けられそうだ。

 また、記録はやりっぱなしでは意味がないということで、毎日「振り返り」の時間を持つことを勧めている。

-PR-企画特集