logo

富士フイルム、2012年春にミラーレス一眼カメラ参入へ--Xシリーズを拡充

加納恵 (編集部)2011年10月05日 17時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは、2012年春にミラーレス一眼カメラを発売すると発表した。プレミアムコンパクトカメラ「Xシリーズ」として市場に投入されるという。

 これは同日開催されたXシリーズの第2弾モデル「FUJIFILM X10」の記者会見場で明らかにされた。富士フイルム代表取締役社長 CEOの古森重隆氏は「ミラーレス一眼カメラは35mmのフルサイズセンサを搭載した一眼レフの品質、画質レベルを凌ぐ解像力、低ノイズを実現する予定。ミラーレス一眼市場への参入は後発になるので、それなりのメリットを出して製品化したい」と意欲を話した。

 Xシリーズは2011年内に26倍ズームレンズを搭載した第3弾モデルとなるプレミアムロングズーム機「X-S1」を投入することも表明している。ミラーレス一眼カメラについては2012年1月に米国で開催されるCESにて正式発表する予定だ。

  • FUJIFULM Xシリーズの今後の展開

  • 年内に投入されるプレミアムロングズーム機「X-S1」

-PR-企画特集