logo

KDDIとソニー、「Reader」新モデルで協業--3G回線を活用

松田真理 (マイカ)2011年09月29日 16時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと沖縄セルラー電話は9月29日、電子書籍リーダー「Reader」の3G+Wi-Fi モデル「PRS-G1」の販売について、ソニーマーケティングと協業することを発表した。

 PRS-G1は、協業先のブランド商品にauの通信サービスを提供するアライアンス型サービス「Link → au」を活用した商品。3G接続にはauの通信網を利用する。通信契約は、ソニーのeBookストア「Reader Store」から申し込み可能だ。

 料金プランは、Reader Storeのみ利用できる「Reader Storeプラン」と、ウェブサイトも閲覧できる「Webアクセスプラン」を用意。料金は、Reader Storeプランは最大2年間無料で、3年目以降は年額1050円。Webアクセスプランは月額580円となる。支払い先はソニーマーケティングに一本化しており、KDDIと沖縄セルラー電話からの請求はないという。

-PR-企画特集