パイオニア、9ch同時ハイパワー出力できるAVアンプ--AirPlayにも対応

加納恵 (編集部)2011年09月14日 18時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは9ch同時ハイパワー出力を実現したAVアンプ「SC-LX85/LX75」を発表した。アップルが提供するAirPlayのほか、DTSの最新マトリクスサラウンド技術「DTS Neo:X」に対応する。発売は10月中旬。価格はLX85が33万円、LX75が24万5000円になる。

  • 「SC-LX85/LX75」

 両機種ともに新「ダイレクトエナジーHDアンプ」を搭載し、9 チャンネル同時駆動でのハイパワー出力を実現。ダイレクト構造の新パワー素子「Direct Power FET」を採用することで、ノイズを抑えた信号伝達ができるとしている。

 音声信号の解像度を192kHz/32bitまで拡張処理する「Hi-bit32 Audio Processing」を備え、FLACやWAVなどのPCファイルや Blu-ray Discなどロスレスコンテンツの音質を向上。新「デジタルフィルター」を使えば、SLOW、SHARP、SHORTと3つの音質モードを選択できる。

 本機にはスピーカの時間的なズレや、チャンネル間で異なる位相特性をAVアンプ側で測定、補正する「フルバンド・フェイズコントロール」機能を備える。

 ネットワーク経由でiPod touch/iPhone/iPadやPC/Mac内のiTunesライブラリを視聴できるAirPlayに対応。iPod/iPhone/iPadのデジタル接続ができるほか、コンポジット端子接続をすれば、映像再生も可能だ。

 スマートフォンからAVアンプを操作できる専用アプリ「iControlAV2」のほか、iPad専用の「iControlAV2 for iPad」なども用意している。iPod touch/iPhone/iPadは最大4台までワイヤレス接続ができ、複数のプレーヤーから共通のプレイリストを作成し再生できる専用アプリ「Air Jam」にも対応する。

 上位機となるLX85は、スピーカをミリ単位で設置調整ができるる「プレシジョンディスタンス」機能を搭載したほか、高音質スピーカー端子と金メッキ入出力端子を採用する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加